これであなたもダイエットの達人! 健康志向EBMダイエット
ホームへ EBMダイエットとは 食事療法について EBMダイエット講座 お問い合わせ
薬剤師 山口ひろみち

あなたもダイエットの達人
ひろみち先生の肥満クリニック
バックナンバーはここです
メールアドレスを入力してください
メルマガ詳細情報

ライフスタイル別肥満と対策
子供の肥満とその対策
女性の肥満とその対策
男性の肥満とその対策
ワーキングママの肥満対策
老年期の肥満と対策

肥満はこんなに恐ろしい!
忍び寄る生活習慣病

セルフボディチェック


EBMダイエットとは

EBMとはエヴィデンス・ベースド・メディスンの略で医学的根拠に基づくという意味です。つまりこのダイエット法は、医学的根拠に基づいて、医師、薬剤師、運動療法士が中心となって「医学的根拠に基づく減量方法」を開発し、EBMカウンセラーの指導によって実施しています。

「食事」「運動」「サプリメント」「行動」の4つのダイエット法で無理のないダイエット
食事を低カロリーのものに変えたり、リンゴやキャベツなど、ひとつの食品だけを取り続けたりする方法など、ダイエットには実にさまざまな方法があります。

しかし、体に無茶な方法を続けいると、逆に体重が増えてしまったり、痩せにくい体質に変わったり、あげくの果てには体調を崩して病気になってしまうこともあります。

また、食事を減らしたせいでビタミンやミネラルなどの栄養素が不足して、体重だけでなく肌や髪のツヤまで失ってしまうこともあります。「食事」と「運動」の2本柱に「サプリメント」を併用するのが、もっとも無理のないダイエット法です。

また、これまでの太る習慣を改めるために、生活習慣を見直す「行動」も組み合わせれば、リバウンドの心配もありません。

たとえば12kg の減量を計画するとき、食事療法だけで12kg 落とすのは大変ですが、「食事」「運動」「サプリメント」「行動」でそれぞれ3kg ずつ減量するつもりで取り組めば、無理なく落とすことができます。では、それぞれのダイエット法ついて詳しく見てみることにしましょう。

[食事療法] >>詳しくはこちらです
●カロリーよりも栄養バランスが大切です
私たちが生きていくために必要な栄養素は「5大栄養素」と呼ばれる炭水化物(糖質)・脂質(脂肪)・タンパク質・ビタミン・ミネラルです。中でも炭水化物・脂質・タンパク質は、活動するためのエネルギーを作る大切な役目があるため「3大栄養素」と呼ばれています。

ビタミンは、3大栄養素が体内でエネルギーとなるのを助けてくれます。ミネラルは体の機能の維持や調節に必要な栄養素です。栄養のことをまったく考慮せず、ただカロリーを減らすだけのダイエットを行なうと、体にさまざまな不調が訪れます。

ダイエット中の食事は、カロリーばかりに気を取られず、栄養のバランスも考えることが大切です。ダイエット中は食事の量が減るため、便秘になったり空腹感に悩まされたりします。しかし食物繊維を多く取ることによって、自然な便通を促し、また少量の食事でも満腹感を感じやすくなります。

[運動療法] >>詳しくはこちらです
●ダイエットに運動はなぜ必要?
カロリーだけに注目すると、運動してもダイエットにはそれほど効果が現れないように見えます。しかし、適度の運動を続けて行なうことは、無理のないダイエットのためには必要です。運動することにより基礎代謝がアップするため、運動していないときでもカロリーが消費されやすくなります。つまり「痩せやすい体質」に変わることができるのです。

●毎日の生活に運動を取り入れましょう
筋肉は、糖質と脂質によって作られ、強い運動ほど糖質を利用する割合が増えます。あまりつらくない中程度の運動を20 分程度続けると、糖質と脂質を使う割合が50%ずつになります。脂肪をより短期間で消費するには、軽・中程度の運動を毎日20 分ほど続けることが効果的なダイエット運動といえます。

[行動療法] >>詳しくはこちらです
●太りにくい生活習慣を身につけましょう
太ってしまった原因がわからないまま減量すると、減量した体重をダイエット後も維持することができず、リバウンドしてしまいます。ただ減量するだけでなく、太った原因を突き止めて生活習慣を改善することが大切です。この方法は、「行動療法」と呼ばれています。

[サプリメント療法] >>詳しくはこちらです
●ダイエットにサプリメントは必要?
「ダイエットにサプリメントを取り入れる」と聞くと、「ダイエットは自分の力でやることが大切。サプリメントに頼るのは邪道」と思う人がいるかもしれません。確かに、サプリメントに頼り切ったダイエットは、心身にストレスを感じさせ、ダイエットを途中であきらめたり痩せるどころか体重が増える結果に終わったりしがちです。

しかし、食事や運動、行動療法でしっかりダイエットの計画を立てて、これらをサポートするという方法ならば、サプリメントはどんどん取り入れたほうがいいのです。「運動するのになかなか効果が出ない」「食事制限のためお腹がすいてイライラする」といったつらい時期も、サプリメントを取り入れれば乗り越えやすくなるのです。
Copyright(C) 2004, VISERA, Inc. All Rights Reserved.